責任者講習会のご案内

不当要求防止責任者制度とは

不当要求防止責任者制度は、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第14条に規定されています。
不当要求防止責任者を選任した事業者(所)は、その旨を公安委員会に届出ることによって、当責任者を通じて暴力団員の不当な要求による被害を防止するために必要な措置について公安委員会の援助を受けることができる制度です。
ただし、この制度は、事業者(所)に対して法律上の義務付けを行う規定ではなく、事業者(所)において自主的な措置を促す規定です。

不当要求防止責任者講習とは

岩手県暴力団追放推進センターでは、岩手県公安委員会から委託を受けて、県内の事業所から選任・届出のあった「不当要求防止責任者」に対し、暴力団等反社会的勢力からの様々な不当要求に的確に対応し、被害を未然に防止するためのその対応要領等についての講習会を開催しております。
講習は、各事業所で選任された「不当要求防止責任者」を対象としています。

不当要求防止責任者の選任

事業規模の大小を問わず、事業所、営業所、出張所ごとに1人を選任し、公安委員会(事業所を管轄する警察署(刑事課))へ提出願います。

不当要求防止責任者講習の受講までの流れ

不当要求防止責任者講習の受講までの流れ

責任者選任届出書ダウンロード

■責任者選任届出書のダウンロード
 → (PDF版)→(Word版)  記載例→(PDF版
 ※ 届出書は、事業所を管轄する警察署 (刑事課:組織犯罪対策担当係)へ申請願います。

責任者選任届出書の電子申請試行

岩手県内の各事業所等で不当要求防止責任者を新たに選任・交代した場合は、『責任者選任届出書』を事業所の所在地を管轄する警察署(刑事課:組織犯罪対策担当係)へ提出するか、警察庁サイト経由で岩手県公安委員会へオンライン申請する方法があります。
 ①警察庁:警察行政手続きサイト操作方法(PDFファイル)を確認
 ②警察庁:警察行政手続きサイトの様式をダウンロード
  → 届出書を作成保存のうえ警察庁サイトから申請手続きへ進む。
  → 申請完了のメールを受信・確認する。(届出完了です)